オーキッド洋庵/ナゴラン・フウランなど九州産の蘭のほか、珍しい蘭・希少な蘭をご紹介しています

トップページ装飾用白黒写真です。花はナゴランです。
余剰株販売品一覧コーナー
品種別栽培管理方法
オーキッド洋庵栽培日誌
Q&Aコーナー
お問い合わせ(PC)
お問い合わせ(iPhone)

日本のラン
 ・ 奄美群島産フウラン
 ・ 北郷フウラン(宮崎県)
 ・ タコ壺付けフウラン
 ・ 金陵辺
 ・ シコウラン
 ・ 駿河蘭
 ・ 尖閣蘭
 ・ ナゴラン(在庫なし)
 ・ ナリヤラン
 ・ リュウキュウセッコク
 ・ ムカデラン(在庫なし)

属別カテゴリ
アルンディナ属
     (Arundina)

 ・ ナリヤラン

エリア属
 ・ オバタ
  (リュウキュウセッコク

オンシジウム属
 ・シャリーべビィ
  SharryBaby
  ‘ SweetFragrance’

オンシデサ属
 ・ マカリー”ゴトー”
   AM/JOS,AM/AOS

カトレヤの仲間たち
 カトレヤ属(Ca.)
  ・ アイレン フィニー
     “イングリッド”
  ・ アンセプス
    var.バーケリアナ
  ・ ルデマニアナ
    var,セルレア
    アクランディアエ

リンコレリオカトレヤ属
         (Rlc.)

  ・ ジョージキング
     “セレンデティ”

ガストロキラス属
  ・ ソマエ(マキバラン)

シンビジウム属
 ・ 金陵辺
 ・ 駿河蘭

トリコグロッティス属
 ・ ロセア

デンドロビウム属
 ・ アフィラム
   (ピエラルディ
 ・ モスカツム
 ・ リンドレィ
   (アグレガツム
 ・ ロディゲシィ

バルボフィラム属(Bulb.)
 ・ バルボフィラム一覧

ビーララ属(Bllra.)
 ・ タホマ
    var.シュガースイート

プロステケア属
 ・ ラディアタ

マキシラリア属
 ・ テヌイフォリア
 ・ ホーティアナ
 ・ ポルフィロステレ

マコデス属
 ・ ぺトラ
   (ジュエルオーキッド)

ルディシア属
 ・ ディスカラー
   (ホンコンシュスラン)

ヴァンダ属
 ・ 奄美フウラン
 ・ 北郷フウラン
 ・ ラメラタ(尖閣蘭)
 ・ ロバート・デライト
   ’ソムスリー’ AM/RH

栽培資器材
 ・ 国産ヘゴ、オリジナル
   ヘゴスタンド 等
   資器材はこちらから

ラン栽培虎の巻
 着生ランの栽培方法
 等、主宰の経験を元に
 書き下ろした
 200ページ以上になる
 テキストです。
 ・ CD版

洋らん展
 ・ 第34回春の洋らん展
   (2017年 鹿児島市)
 ・ 第35回春の洋らん展
   (2018年 鹿児島市)
 ・ 世界らん展日本大賞
  2018in東京ドーム
   (2018年 東京ドーム)

リンク集

 人生は・・・旅!!
 終着駅は何処なのか
 いつ到着するのか
 わからないけれど、
 その時が くるまで
 頑張って旅して
 人生喜怒哀楽、
 波乱万丈の日記を
 綴り続けていきます・・・

 カトログ
 カトレヤ交配種の
 情報満載ブログです。
 


 ● 最近オーキッド洋庵で咲いた花たち

写真 コリアンテス マクロコリスです。バケツランの名前で有名なランです。何とも言い難い異様な形です。
写真 トリコグロッティス ロセアです。下垂した長いバルブの節々に小さな白い花がたくさん咲きます。。
写真 デンドロビウム シルシフロラムです。白花弁に黄色のリップの花が下垂して房状に咲きます。
写真 長崎県平戸島に自生するウチョウランの仲間クロシオチドリです。とても可愛い小さな白花です。

マキシラリア
ホーテアナ
Maxillaria
houtteana

コリアンテス
マクロコリス
Coryanthes
macrocorys

トリコグロッテス
ロセア
Trgl-rosea

デンドロビウム
シルシフローラム
Dendrobiuml
thyrsiflorum

クロシオチドリ(白花)

20180516撮影

20180512撮影
20180511撮影
20180503撮影
20180430撮影
写真 佐賀県黒髪山に自生するウチョウランの仲間クロカミランです。小さな紅紫色の花がとても可愛いです。
写真 カトレヤ アイレンフィニー イングリッドです。ラベンダー系の鮮やかな色で、幅16.5cm高さ18.5cmの見事な大輪花です
写真 サイコプシス属 カリヒです。以前はオンシジウム属として分類されていました。長い直立した花茎の先に順次1輪ずつ咲いていきます。
写真 デンドロビウム ファメリーです。直立したバルブの上部から下垂する花がとても美しい品種です。
写真 デンドロビウム アフィラムです。永く伸びたバルブの節々につく花は淡いピンクの花弁と大きめの真っ白なリップでとても可愛いです。

黒髪蘭
Orchis graminifolia  
var.kurokamiana

カトレヤ アイレンフィニー
´ ‘
イングリッド’
C.IreneFinney‘Ingrid’
HCC/AOS

サイコプシス
カリヒ
Psychopsis Kalihi

デンドロビウム
ファメリー
Dendrobium farmeri

デンドロビウム
アフィラム
Dendrobium aphyllum

20180229撮影
20180229撮影
20180416撮影

20180229撮影

20180227撮影
写真 マキシラリア ポルフィロステレです。春蘭に似た可愛い花です。
写真 テリミトラ ルテオシリウムです。サンオーキッドとも呼ばれます。。
写真 ペスカトーレ レーマニーです。丸型の花で、白弁ですが全体的に紫が入ります。リップ上部は白い髭で覆われます。
写真 バルボフィラム ラシオキラムです。少しくすんだ白地の花弁に小さな赤褐色の斑点が入ります。形は縦長で海洋生物クリオネ似ています。
写真 カトレヤの未登録種です。鮮やかな赤紫色の花弁と美しい模様のリップが素敵です。

テリミトラ ルテオシリウム
Thelymitra
luteocilium

テリミトラ ルテオシリウム
Thelymitra
luteocilium

ペスカトーレ
レーマニー
Pescatorea lehmannii

バルボフィラム
ラシオキラム
Bulb.lasiochilum

カトレヤ ルデマニアナ
' 雪絵 SnowPicture’
C.lueddemanniana
'SnowPicture'

20180213撮影

20180213撮影

20180211撮影
20180125撮影
20180123撮影
  ● The Face!! 〜知られざる神秘的な蘭の世界〜・・・ ※ 子供から大人まで楽しめる知られざる蘭たちの顔です。ぜひ、癒されてください。

 ● 美しい日本の貝殻・世界の貝殻をご紹介するページはこちらから
    20年以上を費やし収集した美しい貝殻、中には手作業で長時間かけて磨き上げた1品や入手困難な貝殻もあります。

ヤコウガイはとても美しいグリーンの大型巻貝です。パール質の部分は螺鈿細工などにも加工されています。
ナンヨウタカラガイはとても美しいオレンジ色のタカラガイです。200mくらいの水深域に生息しています。
ムラサキムカデガイは蜘蛛外の仲間で、貝殻内部に美しい紫色の線が入ります。

 御訪問者様へのお知らせ

   New !!
   オーキッド洋庵 の栽培日誌をブログでアップ開始です。環境は鹿児島ですが参考になると思います。
   是非ご訪問してください。(5月23日)

   ワンポイントアドバイス
   鹿児島市では毎日夏を思わせるような暑さが続いています。温室内は40℃オーバーになることもしばしばです。
   そこで、先日から50%遮光をした庭でカトレヤやデンドロビウムアフィラム等を屋外栽培に切り替えています。
   皆様の地域ではどうでしょうか?夜温が十分な温度になりましたら屋外栽培に切り替えましょう。
   ただし、胡蝶蘭など天頂部に水を溜めてはいけないものについては、梅雨の雨に打たせてはいけませんので
   ご注意ください。(5月16日)

   春もそろそろ終わり梅雨を迎えそして初夏へと続きます。初夏といえばフウランの季節です。華奢な女性らしい
   花が揺らぐ姿は初夏の風物詩として癒されますね。また夕方からあたりに漂う甘い香りも素敵です。
   オーキッド洋庵在庫の鹿児島県奄美群島産甑島産宮崎県北郷産フウランの写真(5月9日撮影)を
   更新しています。ページ掲載写真下に日付を振っていますので探しやすいと思います。
   どれもしっかりした株で、中には目を見張るような大型の株もあります。ぜひご覧ください(5月10日)
   
   New !!
   久々にThe Faceのコーナーを更新しました。今回はRlc.Suan Puttanの花を使って雪ん子のイメージを
   アップしています。お楽しみください。(5月5日)

   New !!
   クロシオチドリの白花を1鉢アップしました。草丈4.5cm花の直径約1cmの可愛い花です。(5月5日)

   New !!
   カトレヤアイレンフィニー‘M75’が満開になりました。ぜひご覧ください。楯横17〜18cm、大型ラベンダー系の
   美しい花です。甘い香りがなんともいえません。(5月4日)
   この花の開花は終了しています。(5月23日)

   New !!
   塊根とは何か?球根との違いは何か?の質問にについてQ&Aコーナーに回答しました。 (5月4日)

   New !!
   クロカミラン、サツマチドリ、クロシオチドリのページを更新しました。クロシオチドリを1鉢新たにアップです。
   九州産の希少なウチョウランです。とても可愛い花ですよ。(5月4日)

   New !!
   デンドロビウム シルシフローラムが開花しました。女性に人気の美しい花です。(5月3日)
   シルシフローラムの開花は終了しました(5月23日)

   New !!
   バルボフィラム属ファルカツム(コブラオーキッド)の開花が始まりました。
   猛毒の蛇キングコブラをイメージしたネーミングですが、ファルカツムはコブラオーキッドの中でも可愛いランで
   言わば「コブラの赤ちゃん 」的存在ですね・・・
   小型種のもので場所をとらず栽培しやすい品種です。ちょっとしたインテリアにも最適です。 (5月3日)
   ファルカツムの開花は終了しました(5月23日)

   New !!
   クロカミラン&サツマチドリのページを新たにアップしました。可愛いウチョウランの仲間ですが
   なかなか入手困難なランです。(5月2日)


   デンドロビウム アグレガツム002が満開になりました。写真をご覧ください。
   花は毎年開花し、直径4〜5cm程度の実績があるランです。(4月30日)
   アグレガツムの開花は終了しました(5月23日)


   デンドロビウム シルシフロラムをアップしました。花茎が1本(約10cm:蕾14個付き)展開中です。
   まもなく開花が始まります。(4月27日)


   カトレヤアイレンフィニー‘M75’をアップしました。’イングリッド’に負けず劣らずの大輪花です。お勧めです。
   ’イングリッド’の002も同時にアップしています。ぜひご覧ください。 (4月23日)


   カリスタ系デンドロビウムのページを作成途中ですがアップしました。ファメリーなど美しい花を紹介します。
   ページが完成するまで見づらいかもしれませんが是非ご訪問ください。

   New !!
   カトレヤ アイレンフィニー‘イングリッド’をアップしました。落ち着きのあるラベンダー系の色です。
   大型整形花は見ごたえあります。 HCC/AOS受賞花です。(4月19日)


   バルボフィラム ラシオキラムのページを作成しました。栽培方法をはじめ、今回株分けした6鉢の
   写真もアップしています。                                   (4月17日)

   デンドロビウム ロデイゲシィ005の開花が始まりました。いつ見ても可愛い花です。アフィラム同様
   女性に人気のランです。 (3月31日)
   ロディゲシィの開花は終了しました(5月23日)

   デンドロビウム アフィラム003は株数維持のため、古いバルブを茎挿し用に供します。従いましてお譲り株リストから
   当分の間外すことになりましたのでお知らせいたします。(3月11日)


   台湾産のバルボフィラム ヒルンディニスのページをアップしました。花は小さく傘状に咲き黄色から
   金色がかった黄色に変化する美しいバルボフィラムです。(3月8日)


   ベトナム産のバルボフィラムフロスティを新たにアップしました。オランダの木靴に似た可愛い花が咲きます。
   栽培も難しくありません。木靴の形をした花が 風に揺らぐ姿は微笑ましいものです。(3月7日)


   Bulb.lepidumバルボフィラム レピダム(東南アジア産)のページをアップしました。
   生息地の気候についても解説していますので栽培の参考にしてください。
   バルボフィラム一覧ページも同時アップしています。
   データ収集中もありますが、当面20品種を目標にしています。ご期待ください。 (3月3日)


   このページ上段に写真掲載しています。コロンビア〜ペルー中高地原産のぺスカトリア属レーマニー
   アップしました。 AM/AOS受賞の素晴らしい個体です。15バルブ以上付いています。
   購入当時は数バルブで「●万円」だったそうですが、花付きを良くするために株分けせず
   大株にしたということです。本品は委託販売なのでこのお値段ですが、本来ならかなりの
   お値段になります。お求めは今の内がお得です。2月27日現在蕾が1個上がっています。
   花写真はこのページの上に掲載しています。どうぞご覧ください。とにかくお得です。お勧めです。 (2月27日)

   世界らん展日本大賞2018の模様をアップしました。今年の日本大賞はすごい株です。
   東京ドームへ行かれてない方は、このページで是非お楽しみください。
   世界らん展日本大賞は世界最大級の国際らん展としても人気があります。(2月26日)

   2月9〜12日、鹿児島市奄美の里で開催された、鹿児島洋らん会主催の第35回春の洋らん展
   アップしました。 第34回については、このページの左下からアクセスできます。
   今年の世界らん展(東京ドーム)については明日までにアップします。
   展示会準備、開催そして東京ドーム世界らん展鑑賞などで、しばらくページ更新を行えず
   また最近は体調不良で静養しているところから思うように作業ができませんが
   訪問される皆様に満足いただけるよう、鋭意更新し続けますのでよろしくお願いします。(2月25日)

   バルボフィラム属一覧ページを新規に作成しました。オーキッド洋庵保有株を掲載しています。
   各品種ごとについては、既存のページ以外作成出来次第順次アップしていきます。
   このページ左側にあるバルボフィラム一覧からご覧いただけますので是非ご訪問ください。(2月6日)


   バルボフィラム栽培管理方法デンドロビウム属アフィラム&ロディゲシー栽培管理方法
   ページを更新しました。(2月2日)

   
   
   
 オーキッド洋庵監修「着生ラン栽培虎の巻」
   着生ラン栽培のための基本的事項やプレゼントで頂いた胡蝶蘭などの管理、植え替え方法など
   200ページ以上にわたり、豊富な写真とともに分かりやすく説明してあります。
   アマチュアの方々にはとてもお役にたつテキストです。
   このホームページにも品種別栽培管理方法のページがありますが、より詳しく説明したものになっています。
   なおテキストは印刷紙ではなく、PDF化したテキストのCD版です。
   PDFを閲覧できるパソコン等の環境が必要になります。

   ※ CDをお求めのお客様で、ファイルが開けなかった方がいらっしゃいましたら
      ご連絡ください。


                    

                  着生ラン栽培虎の巻はこちらから・・・



 お気に入り株のご購入方法   

 ご希望者様からのお問い合わせに対し、必要に応じその株の現況を写真等で伝え
 納得されてからのご購入というシステムをとっています。
 お手数ですが、興味のある株がございましたら、一度お問い合わせください。

 掲載している天然ランについて・・・

 掲載している天然ランは鉢植えはもちろんのこと、庭木や紅タブ、
 ヘゴなどに着け趣味として栽培しているものですが、経年劣化により紅タブやヘゴが傷み始めたため、
 取り外すとともに株分けしたもの等をお譲りしています。
 ※ 新たなる採捕につながるご注文、ご依頼等につきましては承っていませんのでご了承ください。


          2018年5月23日 オーキッド洋庵主宰 新村 訓洋



Rlc  
copyright(C)2012 orchid Youan Kunihiro shimmura. All Rights Reserved.
何人たりとも、当サイトに掲載されたイメージ(写真等)記事その他について、無断転載等を禁止します。