オーキッド洋庵/ナゴラン・フウランなど九州産の蘭のほか、珍しい蘭・希少な蘭をご紹介しています

トップページ装飾用白黒写真です。花はナゴランです。
販売品一覧コーナーはこちらから
品種別栽培管理方法はこちらから
Q&Aコーナーはこちらから
お問い合わせはこちらから

日本のラン
 ・ 奄美群島産フウラン
 ・ 北郷フウラン(宮崎県)
 ・ タコ壺付けフウラン
 ・ 金陵辺
 ・ シコウラン
 ・ 駿河蘭
 ・ 尖閣蘭
 ・ ナゴラン(在庫なし)
 ・ ナリヤラン
 ・ リュウキュウセッコク
 ・ ムカデラン(在庫なし)

属別カテゴリ
アルンディナ属
     (Arundina)

 ・ ナリヤラン

エリア属
 ・ オバタ
  (リュウキュウセッコク

オンシデサ属
 ・ マカリー”ゴトー”
   AM/JOS,AM/AOS

カトレヤの仲間たち
 カトレヤ属(Ca.)
  ・ アイレン フィニー
     “イングリッド”
  ・ アンセプス
    var.バーケリアナ
  ・ ルデマニアナ
    var,セルレア
    アクランディアエ

 リンコレリオカトレヤ属
           (Rlc.)

  ・ ジョージキング
     “セレンデティ”

ガストロキラス属
  ・ ソマエ(マキバラン)

シンビジウム属
 ・ 金陵辺
 ・ 駿河蘭

トリコグロッティス属
 ・ ロセア

デンドロビウム属
 ・ アフィラム
   (ピエラルディ
 ・ モスカツム
 ・ リンドレィ
   (アグレガツム
 ・ ロディゲシィ

バルボフィラム属(Bulb.)
 ・ アンブロシア
 ・ プルプレオラキス
   (コブラオーキッド
 ・ マクラエイ
   (シコウラン)
 ・ ファルカツム
   “ジャングル ジェム”
 (旧属名メガクリニウム)
 ・ マキシマム

ビーララ属(Bllra.)
 ・ タホマ
    var.シュガースイート

プロステケア属
 ・ ラディアタ

マキシラリア属
 ・ テヌイフォリア
 ・ ホーティアナ
 ・ ポルフィロステレ

マコデス属
 ・ ぺトラ
   (ジュエルオーキッド)

ルディシア属
 ・ ディスカラー
   (ホンコンシュスラン)

ヴァンダ属
 ・ 奄美フウラン
 ・ 北郷フウラン
 ・ ラメラタ(尖閣蘭)
 ・ ロバート・デライト
   ’ソムスリー’ AM/RH

栽培資器材
 ・ 国産ヘゴ、オリジナル
   ヘゴスタンド 等
   資器材はこちらから

ラン栽培虎の巻
 着生ランの栽培方法
 等、主宰の経験を元に
 書き下ろした
 200ページ以上になる
 テキストです。
 ・ CD版

リンク集

 人生は・・・旅!!
 終着駅は何処なのか
 いつ到着するのか
 わからないけれど、
 その時が くるまで
 頑張って旅して
 人生喜怒哀楽、
 波乱万丈の日記を
 綴り続けていきます・・・

 カトログ
 カトレヤ交配種の
 情報満載ブログです。
 


最近オーキッド洋庵で咲いた花たち

写真 デンドロビウム ロスリーです。咲いたばかりなのでライムグリーン色ですが、1週間ほどで黄色に変化します。
写真 セロジネ アッサミカです。ライムグリーン色が素敵です。
写真 Cleisustoma arietinumの花です。房状に咲いた花は白い星形でリップがピンクです。とても小さくて直径は7〜8mmです。
写真 奇妙な形をしたラン、コリバスです。
写真 リンコレリアカトレヤ属のジョージキングです。大輪花、サーモンピンクの色が美しく、爽やかな甘い香りがします。

Den.roslii
デンドロビウム ロスリー

Coel.assamica
セロジネ アッサミカ

 Cleisostoma
arietinum

Corybas

Rlc.Gerge King
"Serendity"AM/AOS

20171123撮影

20171120撮影
20171120撮影
20171114撮影
20171106撮影
写真 バンダ属のガライーです。以前は、アスコセントラム属ミニアツムとして親しまれました。小さな黄色い花が特徴です。
写真 オンシデサ属マカリーです。以前はオンシジウム属とされていました。AM/JOS、AM/AOSを授賞した素晴らしい株です。
写真 バルボフィラム属のプルプラセンスです。放射状に開いた花姿は黄色の菊のようです。
写真 シンビジウム属のヘツカランです。
写真 カトレヤ プリンセス ベルとエンジェル ウォーカーの交配種で、未登録株です。白の大輪形で見応え十分な株です。

V.garayi

Oncidesa Makalii
' Gotoh'
AM/JOS AM/AOS

Bulb.purpurascens

ヘツカラン

C.Princess Bell
×
C.Angel Walker

20171028撮影
20171028撮影
20171025撮影

20171017撮影

20171016撮影
写真 胡蝶蘭 ベリーナです。花はビオラセアに似ていますが、ビオラセアと異なりレモン系の香りがします。
写真 ハベナリア ミリオトリカです。糸状の花弁が放射状に展開している姿は、まるで火星人のようです。
写真 カトレヤ アクランディアエです。
写真 カトレヤを小さ久したような花姿のナリヤラン白花です。希少なランです。
写真 花が上下逆さまに咲くプロステケア ラディアタです。

Phalaenopsis
bellina f3

Havenaria
milotorica

C.aclandiaea

ナリヤラン
Arundina-graminifolia

プロステケア ラディアタ Prosthechea radiata

20171016撮影

20171007撮影

20170824撮影
20170824撮影
20170713撮影

美しい日本の貝殻・世界の貝殻をご紹介するページはこちらから
ヤコウガイはとても美しいグリーンの大型巻貝です。パール質の部分は螺鈿細工などにも加工されています。
ナンヨウタカラガイはとても美しいオレンジ色のタカラガイです。200mくらいの水深域に生息しています。
ムラサキムカデガイは蜘蛛外の仲間で、貝殻内部に美しい紫色の線が入ります。
  ※ 20年以上を費やし収集した美しい貝殻を展示します。中には手作業で長時間かけて磨き上げた1品や入手困難な貝殻もあります。
  ※ The Face!! 〜知られざる神秘的な蘭の世界〜・・・は、こちらをクリックしてください。

 御訪問者様へ

   The Face!!  今夜は森の夜に生きるミミズク坊やジャッキーちゃんの登場です。
   セロジネ アッサミカの中に見える愛くるしい顏と、その家族を紹介しています。是非ご覧あれ。(11月25日)    

   New !!
   とにかく特大のトサカガキを紹介します。主宰が初めて見た大きなトサカガキに感動し
   奄美大島の知人に依頼して3年待ち、送られてきたものがこれです。
   なかなか獲れないということで値段は高かったのですが、 とにかくでかい!!
   インターネットや図鑑では10cm前後の大きさががよく紹介されていますが、これはその倍以上あります。
   なかなか磨く時間がなく、付着物が付いたままですがとにかくご覧あれ。(11月24日)

   とても希少なデンドロビウム ロスリーが開花しました。開花したばかりなので、花色はライムグリーンですが
   1週間もすると黄色に変化してきます。お譲りできる株はまだありませんが、近々ページは
   立ち上げますので、花色の変化と花の形をお楽しみください。
   写真はこのページの左上にアップしています。正面からの写真ではありませんが、ユニークな形なので
   この写真を掲載しました。(11月23日)

   Rlc.George King ‘Serendity’ AM/AOSの蕾付株をアップしました。見事な大株です。
   今年度お譲りできる株はこれが最後です。 (11月20日)

   Rlc.George King ‘Serendity’ AM/AOSの株に蕾が上がりました。写真は明日アップします。(11月19日)

   The Face!! もうすぐクリスマスシーズンです。そろそろ街でもクリスマスソングが流れ始めました。
   皆さん、ルドルフってご存知ですか?  そう、赤鼻のトナカイ/Rudolph the Red-nosed Reindeer
   っていう、有名なクリスマスソングの主人公 トナカイの名前です。
   今回はその 「赤鼻のトナカイ/Rudolph the Red-nosed Reindeer」をご紹介します。
   一足先にクリスマスを楽しみましょう!! (11月17日)

   バンダ ロバート・デライト ’ソムスリー’ AM/RH の子株(親株からの切り離し株)2株を
   アップしました。大型の赤花でオーキッド洋庵での実績は直径16cmでした。(11月8日)

   Rlc.George King ‘Serendity’ AM/AOSの開花が落ち着きました。
   直径15cmの花が凛として咲いています。とてもいい香りがしています。(11月7日)

   Rlc.George King ‘Serendity’ AM/AOSのイメージ写真をアップしました。
   今朝開花したばかりで、色も大きさもまだ完全には上がっていませんが数日でしっかり落ち着くでしょう。
                                                 (11月4日)

   The Face!!  久々にアップしました。近々同じ花で、クリスマスにちなんだものもアップしますので
   お楽しみに・・・。The Face!!トップページの「Phal.bellina」が今回アップしたページです。(10月30日)

   オンシデサ(旧属名:オンシジウム)マカリー”ゴトー”の花の写真を、このページのトップに掲載しました。
   明日にはもう1鉢アップしますが、こちらには花芽がまだついていません。(10月29日)    

   オンシデサ(旧属名:オンシジウム)マカリー”ゴトー”の保存株を残し、余剰株1鉢を提供します。
   日本洋蘭協会とアメリカ蘭協会で受賞した銘花で、古典的な良い花を咲かせます。
   当ホームページのThe Face!!でも愛くるしい姿で紹介されているランです。(10月28日)

   倉庫整理をしていたら大きめのコルク板とヘゴを発見しましたのでご紹介します。
   ヘゴは鹿児島県産の純国産品です。自宅敷地内に生えていたものを分けていただきました。
   アク抜きするのに大変な時間がかかったのを覚えています。
   スタンドと併用して胡蝶蘭などで素晴らしい作品を作られてはいかがですか?
   ヘゴとコルク、そしてスタンドは栽培資器材のページで紹介しています。 (10月27日)

   明け方の気温が一気に低くなりました。皆さんの地方ではいかがですか?
   高温性のランについては特に注意してください。オーキッド洋庵では11月から
   夜間のみ加温栽培に切り替える予定です。冬支度しましょう。  (10月26日)

   最近パソコンの調子が良くありません。メールが届いたり届かなかったりしています。
   お問い合わせに発信して回答などがなかった場合、お手数ですが次のアドレスへも送信してみてください。
   magic-shin.6.11@docomo.ne.jp                        (10月23日)
   
   C.anceps(カトレヤ アンセプス)1の花茎高さが、 鉢底から110cmとなったため、宅急便扱いが
   できなくなりました。アンセプス2の方は現在の高さが70cmなので宅急便配送は可能ですが
   こちらも間もなく宅急便配送不可となります。 (10月21日)

   ラン愛好家には大人気の鹿児島県奄美群島奄美大島産のフウランを入手しました。
   淡路産や紀州産同様、もう野生ランは採捕できないため、また奄美大島では現地でも
   奄美大島産フウランは入手不可のため、とても貴重なフウランとなります。
   愛好家の方が長年群生させていたため、草姿に乱れがあることから株立ちを整えている最中です。
   整枝作業が終わり保存株を除いた後、お譲りできる株を紹介します。
   5鉢(ama005〜009)ですが、しばらくの間は写真でお楽しみください。 (10月20日)

   紀州産天然フウランを入手しました。この時代野生ランは採捕できません。
   ここに紹介する紀州産と次の淡路産は、古き時代から野生ランを栽培されていた方から
   分けていただいたものです。
   瀬戸内海の淡路島産天然フウラン、富貴蘭の世界では「付け無し」として分類される
   とても希少なフウランです。
   2株入手しましたので、1株はお譲します。ページをご覧ください。(10月17日)

   アメリカでまた悲惨な銃撃事件が発生しましたね。それでも銃規制を強化しないアメリカは世界の警察
   といえるのでしょうか?   疑問ですね。
   亡くなられた方々は本当にお気の毒です。そんな方々に、オーキッド洋庵では哀悼の意をThe Face!!
   表したいと思います。 (10月4日)
   
   
 オーキッド洋庵監修「着生ラン栽培虎の巻」
   着生ラン栽培のための基本的事項やプレゼントで頂いた胡蝶蘭などの管理、植え替え方法など
   200ページ以上にわたり、豊富な写真とともに分かりやすく説明してあります。
   アマチュアの方々にはとてもお役にたつテキストです。
   このホームページにも品種別栽培管理方法のページがありますが、より詳しく説明したものになっています。
   なおテキストは印刷紙ではなく、PDF化したテキストのCD版です。
   PDFを閲覧できるパソコン等の環境が必要になります。

   ※ CDをお求めのお客様で、ファイルが開けなかった方がいらっしゃいましたら
      ご連絡ください。


                    

                  着生ラン栽培虎の巻はこちらから・・・



 お気に入り株のご購入方法   

  当サイトでは、昨今のクレジットカード個人情報流出事件を考慮し、カードによる販売はいたしません。
  ご希望者様からのお問い合わせに対し、必要に応じその株の現況を写真等で伝え
  納得されてからのご購入というシステムをとっています。
  お手数ですが、興味のある株がございましたら、一度お問い合わせください。

 掲載している天然ランについて・・・

 掲載している天然ランは趣味として収集し、鉢植えはもちろんのこと、庭木や紅タブ、
 ヘゴなどに着け栽培していたものですが、経年劣化により紅タブやヘゴが傷み始めたため、
 取り外すとともに株分けしたもの等をお分けしています。
 ※ 新たなる採捕につながるご注文、ご依頼等につきましては承っていませんのでご了承ください。

                               2017年11月25日 オーキッド洋庵主宰 新村 訓洋



copyright(C)2012 orchid Youan Kunihiro shimmura. All Rights Reserved.
何人たりとも、当サイトに掲載されたイメージ(写真等)記事その他について、無断転載等を禁止します。