オーキッド洋庵/ナゴラン・フウランなど九州産の蘭のほか、珍しい蘭・希少な蘭をご紹介しています


トップページ装飾用白黒写真です。花はナゴランです。
販売品一覧コーナーはこちらから
品種別栽培管理方法はこちらから

国内地域別カテゴリ

国内産属品種別カテゴリ

 ナゴラン

 ・ナゴラントップページ   

 ・鹿児島県大隅半島産
 ・鹿児島県トカラ列島産
 ・鹿児島県奄美大島産
 ・鹿児島県徳之島産
 ・宮崎県産
 ・実生株

 フウラン

 ・鹿児島県奄美大島産
 ・鹿児島県徳之島産
 ・鹿児島県甑島産
 ・宮崎県北郷産

 ・その他

  タコ壺植え
  風鈴作り

 セッコク

 ・鹿児島県産

 シンビジウム(春蘭属)

 ・キンリョウヘン
 ・スルガラン
 ・ヘツカラン

 その他の蘭

 ・カシノキラン
 ・沖縄シコウラン
 ・徳之島シコウラン
 ・尖閣蘭(バンダラメラタ)
 ・ニューメンラン
 ・ナリヤラン
 ・ミヤマムギラン(宮崎)
 ・ムカデラン
 ・リュウキュウセッコク
 ・マキバラン

珍しい蘭・希少な蘭

洋らん属品種別カテゴリ

 トップページ(索引)

 エピゲニウム

  ・ナカハラエ

 オドントグロッサム

  ・インスレイー

 カトレヤの仲間

  ・カトレヤ アンセプス      varバーケリアナ
  ・Rlc.ジョージ・キング

 デンドロビウム

  ・アグレガツム
  ・ロディゲシー

 トリコグロッティス

  ・ロセア

 バルボフィラム

  ・アンブロシア

 ・バンダ

  ・ガライー
  ・ロバート デライト

 プロステケア

  ・ラディアタ

 マキシラリア

  ・ホーテアナ
  ・テヌイフォリア

盆栽コーナー

栽培資器材

 本当に為になります!
 CD(PDF版)
 着生ラン栽培テキスト

 

リンク集

 人生は・・・旅!!
 終着駅は何処なのか
 いつ到着するのか
 わからないけれど、
 その時が くるまで
 頑張って旅して
 人生喜怒哀楽、
 波乱万丈の日記を
 綴り続けていきます・・・

 カトログ
 カトレヤ交配種の
 情報満載ブログです。
 


最近オーキッド洋庵で咲いた花たち

リンコレリオカトレヤ マウントフッド マリーです。白色大型整形花で見応え十分なカトレヤです。リップの中央付近が淡い黄色になっています。
カトレヤ アンぜプス var バーケリアナです。濃い赤紫色の花ですが、逆光で見ると淡い紫色となり神秘的です。
リンコレリオカトレヤ ジョージキング セレンデティAM/AOS受賞株です。サーモンピンク色でとてもきれいです。
ガストロキラス属ソマイです。日本ではマキバランとして親しまれています。葉の陰に隠れるように咲く小さな黄色の花が印象的です。カシノキランに似ています。
カトレヤ プリンセス ベル × カトレヤ エンジェルウォーカーで、未登録株です。

Rlc.Mount Hood
"Mary"

C.anceps var
"barkeriana"

 Rlc.George King
"Serendity"AM/AOS

Gastrochilus somae
マキバラン

C.Princess Bell
×
C.Angel Walker
未登録株

20170110撮影
20170104撮影
20161123撮影
20161123撮影
20161106撮影
リンコレリオカトレヤ カーベラビューティです。鮮やかな黄色の花弁と真っ赤なリップのコントラストが美しいカトレヤです。芳香があります。
コリバスのspです。ピクタスに似ていますが、大きさと葉柄が違います。葉の上に1個しか咲かないその花姿はヘルメットのようです。
ナリヤランの白花です。
ハベナリア ミリオトリカの花です。まるで火星人かタコを想像させるような花姿です。細くて白い花弁と緑のキャップを被った唇弁中央のオレンジ色の目が独特です。
カトレヤ属チョコレート ドロップ“コダマ” の花です。直径8cmくらいの白地にチョコレート色の紋様が入っています。リップは濃いピンク色で、チョコレートのよな甘い香りがします。

Rlc.karbela beauty
Song of canary
BM/JOGA

Corybas-sp

ナリヤラン(白花)

Havenaria
miliotorica

C.chocolate drop
"Kodama"

20161105撮影
20161031撮影
20161026撮影
20161005撮影
20161005撮影
バルボフィラム属ファレノプシス の花です。約18cm四方の範囲で折り重なるように咲いた赤紫色の花弁に、薄黄緑色の短いヒゲが生えています。異様な臭いがします。
ヴァンダ属ロバートデライト ソムスリー の花です。直径15cmくらいの深い赤に近い濃いピンク色の花です。
コリヤンテス属マクロコリスです。耳を広げた象さんのように見える花です。
エンシクリア属ラディアタです。ライムグリーンの可愛い花で優しい香りがあり、リップが上になる反転咲きです。
エリア属オバタ、和名リュウキュウセッコクです。バルブ頂部の葉の下付近から花茎を伸ばし、白またはクリーム色の小さな花をたくさん咲かせます。

Bulb.phalaenopsis

V. Robert Deriht  
'Somsri' AM/RH

Coryanthes
macrocorys

Prosthechea radiata

Eria ovata
(リュウキュウセッコク)

20160904撮影
201609004撮影
20160717撮影
20160710撮影
20160624撮影


 御訪問者様へ


   日本を大寒波が襲っています。蘭の管理はもちろんのこと、健康管理もしっかり行って
   栽培されてください。健康第一です。


   リンコレリオカトレヤ ジョージキング“セレンデティ” が見事に開花しました。
   花は今後の株充実のため22日 (日)にカットします。(1月17日)

   落ち着いた江戸風焼き目入り総桐製のバスケットを作成しました。
   桐は水に強いうえ、焼き目が入っていますので長持ちします。
   小型のバンダ類や鉢植えを嫌う中小型品種などに最適で、そのまま展示会に出してもお洒落です。(1月15日)
   
   販売品コーナーにジュエルオーキッドのコーナーを設けました。(1月11日)

   ジュエルオーキッド(宝石ラン)で有名な、ホンコンシュスランをアップしました。
   栽培容易な葉柄が美しいランです。今回は3鉢のみご紹介します。(1月10日)

   リンコレリオカトレヤ ジョージキング“セレンデティ” 001の開花が始まりました。(1月4日)

   バンダ年間栽培管理方法を更新しました。
   リンコレリオカトレヤ ジョージキング“セレンデティ” の蕾の写真を更新しました
   カトレヤ アンセプス の花写真をアップしました。(1月2日)

   カトレヤ アンセプスの開花が始まりました。写真は明日アップします。 (1月1日) 

   デンドロビウム ロディゲシィの写真を更新しました。アフィラム同様たくましく成長しています。(12月23日)

   デンドロビウム アフィラムの写真を更新しました。バルブはしっかり太り飴色になっています。
   12月14日撮影分が今回更新したものです。葉が黄ばみ始めました。
   いよいよ落葉し冬越しに入り、やがて花芽が芽吹きます。これから2月末まで水切りです。(12月22日)

   デンドロビウム モスカツムの写真を更新しました。丸々太った飴色のバルブが、見事です。(12月16日)  

   デンドロビウム アフィラム&ロディゲシィ 栽培管理方法の「植え替えについて」コーナーに
   記事を追加しました。(12月14日)

   超貴重な天然株 バンダ ラメラタに花芽が上がり始めました。
   バンダラメラタの北限は沖縄県尖閣諸島魚釣島です。住人が住んでいたころ持ち帰った株の子孫です。   

    フウラン年間栽培管理方法をリニューアルしてアップしました。
   初心者でも理解しやすいよう改訂していますので是非ご覧ください。 (12月4日)

   カトレヤ アンセプスの花芽が110cmと95cmになりました。
   蕾が見え始めています。 (12月1日)


   
 オーキッド洋庵監修「着生ラン栽培虎の巻」
   着生ラン栽培のための基本的事項やプレゼントで頂いた胡蝶蘭などの管理、植え替え方法など
   213ページにわたり、豊富な写真とともに分かりやすく説明してあります。
   アマチュアの方々にはとてもお役にたつテキストです。
   このホームページにも蘭栽培虎の巻がありますが、より詳しく説明したものになっています。
   なおテキストは印刷紙ではなく、PDF化したテキストのCD版です。
   PDFを閲覧できるパソコン等の環境が必要になります。

   ※ CDをお求めのお客様で、ファイルが開けなかった方がいらっしゃいましたら
      ご連絡ください。


                    

                  着生ラン栽培虎の巻はこちらから・・・



 お気に入り株のご購入方法   

  当サイトにおける、カートでの販売は行わず、ご希望者様からのお問い合わせに対し、
  その株の現況を写真等で伝え、納得されてからのご購入というシステムにしたいと考えています。
  また、昨今のクレジットカード個人情報流出事件を考慮し、カードによる販売は
  いたしませんのでご了承ください。
  お手数ですが、興味のある株がございましたら、一度お問い合わせください。

 掲載している天然ランについて・・・

 掲載している天然ランは趣味として収集し、鉢植えはもちろんのこと、庭木や紅タブ、
 ヘゴなどに着け栽培していたものですが、経年劣化により紅タブやヘゴが傷み始めたため、
 取り外すとともに株分けしたもの等をお分けしています。
 ※ 新たなる採捕につながるご注文、ご依頼等につきましては承っていませんのでご了承ください。

冬の蘭栽培管理
※ 鹿児島市でもここ最近最低温度がー1℃となりました。温度管理には十分ご注意ください。

 ノビル系デンドロビウム

 ノビル系は1月末頃まで7℃くらいで管理しましょう。水は10日に1度くらい
 軽くかけてください。
 アフィラムやロディゲシーは5℃くらいで管理し、霜が降りないところで
 完全に水を切って管理しましょう。
         ノビル系デンドロビウム栽培管理方法をご覧ください。

 胡蝶蘭

 鹿児島でも夜温が1桁になっています。温度管理には十分注意してください。
 胡蝶蘭やバンダなど高温系の温度管理は要注意です。
        胡蝶蘭年間栽培管理方法をご覧ください。

 バンダ系

 胡蝶蘭同様、温度管理に気を付けてください。
 灌水は怠らないようにします。水不足は下葉を傷めます。
        バンダ年間栽培管理方法をご覧ください

 マキシラリア

 鹿児島市では日中が15℃前後(温室内は20℃くらい)ですが、
 夜温が低いため鉢内の乾きが鈍くなってきました。(加温栽培は通常通りです)

 シンビジウム

 九州ではまだまだ屋外で大丈夫ですが、関東以北については
 霜や雪に当てないようにしましょう。



                               2017年1月17
 オーキッド洋庵主宰 新村 訓洋





copyright(C)2012 orchid Youan Kunihiro shimmura. All Rights Reserved.
何人たりとも、当サイトに掲載されたイメージ(写真等)記事その他について、無断転載等を禁止します。