マキバラン(Gastrochilus somae)を紹介するページです


マキバラン Gastrochilus somae  【オーキッド洋庵】



マキバランの花です。直径約1.5〜2.0cmで、薄黄色の花弁や白色のリップに赤紫色の斑点が入った花が葉の付け根に密集して咲きます。



マキバラン Gastrochilus somae


 

  マキバランはこれまでカシノキランの異名として扱われてきましたが、近年になり花や草姿が異なることから
  学術上「Gastrochilus japonicus」とは異なる「Gastrochilus somae」として登録されました。和名は「マキバラン」です。
  相違点は、下の写真を比較すればすぐにわかります。写真右がマキバランです。
  
  株姿  カシノキランは葉と葉の間に空間がありますが、マキバランは間隔が詰まっていて葉の大きさ違います。
  花    カシノキランは花茎を伸ばし黄色と白色で直径が約1cmの花を咲かせます。マキバランは花茎があまり伸びず
       黄色と白色に赤紫の斑点が入り、袋状のリップをもった花を、葉と葉の間の付け根付近に密集して咲かせます。

            
                  japonicus カシノキラン                  somae マキバラン

  属名    Gastrochilus (ガストロキラス属)

  品種名   somae (和名:マキバラン) 

  生息地   台湾〜西表島

  形態    半下垂状態で着生するランで、カシノキランとよく似ていますが、葉と葉の間の茎が短いので区別がつきます。
         花茎はあまり伸びず、葉と葉の間に埋もれたように咲きます。
         花の直径は1.5〜2.0cmくらいで、カシノキランの倍以上あります。

         花は5枚の花弁が薄黄色で赤紫色の斑点が入り、リップは白色で袋状となっており、
         袋の縁が前方にせり出して縁に切れ込みが入り、まるで鳥が羽を広げているように見えます。
         リップ中央は黄色で赤紫色の斑点が入ります。
         また、蕊柱は赤紫色で蕊柱トップは白色となっています。

  開花期   初夏〜秋の間に開花しますが、各地域の気候により時期はまばらです。

  管理    ヘゴかコルクに着けた方が栽培しやすいでしょう。
         どうしても水苔管理したいのであれば、過湿を嫌うので普通のランを植え付けるような方法ではなく
         富貴蘭などのように、水苔を盛り上げて植え付けた方が良いようです。

  置き場所 春から初秋までは半日蔭の遮光下で管理し、気温が10℃以下になってきたら屋内に取り込んで管理します。
         空中湿度を好みますが過湿は禁物なので、風通しを良くしてあげてください。
  
  灌水    晴天が続く夏や屋内での乾燥が激しい時は、毎日灌水した方が良いのですが、適度な湿気があるときは
         2〜3日に1回程度の灌水にした方がいいでしょう。
         水苔植えの場合は苔の乾き具合を見て、いつまでも湿らさず、また、乾燥しすぎないように気を付けて灌水します。

  最低温度 10℃
 
  遮光    春と秋には30%程度、夏季は50%程度必要で、冬季の屋内の場合は明るい窓辺でレースのカーテン越し位が適当です。

  施肥    新芽が伸びる成長期には、規定希釈の液体肥料を1〜2週間に1回程度与えます。
         固形肥料は特に必要ありません。




                 注:  新たなる採捕に繋がるようなご依頼お問い合わせは一切お断りいたします。
                     また、お問い合わせ等につきましては、氏名、住所、電話番号等を明記の
                     うえ、先ずはメールでお願いします。
                     ハンドルネーム、ニックネーム等でのお問い合わせには一切応じられませんので
                     あらかじめご了承ください。


               特に初心者の皆さんは必見です!オーキッド洋庵監修「着生ラン栽培虎の巻」発売!!
               CD版:PDF監修、全213ページのサンプルはこちらから・・・



copyright(C)2012 orchid Youan Kunihiro shimmura. All Rights Reserved.
何人たりとも、当サイトに掲載されたイメージ(写真等)記事その他について、無断転載等を禁止します。

                                            ページトップへ戻る