ミヤマムギラン(深山麦蘭)/小さな紅紫色の花がとても可憐な蘭です

小さくな紅紫色のミヤマムギランの花です。

宮崎県産ミヤマムギラン(深山麦蘭)  【オーキッド洋庵】

  トップページ > ミヤマムギラン   または   トップページ > 宮崎県産のラン > ミヤマムギラン
ミヤマムギランの花は紅紫色で長さ約1cm。寄り添うようにリング状に咲く姿は可憐です。


                     

 ミヤマムギラン Bulbophyllum japonicum

     学  名   Bulbophyllum japonicum  
     生息地   九州から紀伊半島付近、海外では中国南東部、台湾など。
     生  態   ・ 着生ラン
              ・ その名のとおり、奥深い山にある樹幹や岩に着生します。
     形  態   ・ 株は匍匐系で樹幹や岩に這うように着生しています。
             ・ 茎の所々に小さな卵形のバルブがあり、頂に1枚の葉を付けます。
             ・ 花茎はバルブの基部からでます。
             ・ 花は紅紫色で、直径10mmくらいです。
     開花期   ・ 5月〜6月頃(地域によって異なります。)



                          注:新たなる採捕に繋がるようなご依頼お問い合わせは一切お断りいたします。
                            また、お問い合わせ等につきましては、氏名、住所、電話番号等を明記の
                            うえお願いします。ハンドルネーム、ニックネーム等でのお問い合わせには
                            回答いたしませんので、あらかじめご了承ください。




   ミヤマムギランは、バルボフィラム系のランです。
   多くの洋蘭系の愛好家、栽培家よりもどちらかというと山野草や富貴蘭等の園芸品種を栽培されている
   東洋蘭を好まれる方々が楽しまれているようです。

   ミヤマムギランはその名に由来しますように、奥深い山に生息しています

   九州から紀伊半島付近まで生息する蘭ですから、栽培はそれほど難しくありません。鹿児島市の我が家では、
    一年中屋外栽培でも十分育っています。

   ただ、バルボフィラム系のランですので、乾かしすぎないように灌水管理だけはしっかり行ってください。
    根の周囲を何日もカラカラにすると、たとえバルブがある蘭といえども株は弱ってきます。

   花は5月から6月にかけて咲きますが、栽培地域における気候により若干のずれが生じます。私の所では
    毎年5〜6月に咲いてくれます。

   可愛い花です。
   大型のランも艶やかで素晴らしいものがありますが、小さな可憐な花が咲くと、とてもうれしいものです。
   直径10mm弱程度の紅紫色の可愛い花が咲いてくれます。
   1年に1度の小さな花との再会を、是非お楽しみください。



宮崎県産ミヤマムギランです。15cm×9cmのコルク板に着けています。
宮崎県産ミヤマムギランの花です。直径10mmくらいの紅紫色の花が咲きます。

     宮崎県産ミヤマムギラン 3

     コルク付け
     コルクの大きさ
     縦 約15cm  幅 約9cm

     今年の春、コルク付けした
     ばかりです。
     活着用の糸は木綿ですので
     やがて自然に消滅しますが
     1年間は取り除かないように
     してください。

     花の写真はイメージです。
     
          在庫なし

copyright(C)2012 orchid Youan Kunihiro shimmura. All Rights Reserved.
何人たりとも、当サイトに掲載されたイメージ(写真等)記事その他について、無断転載等を禁止します。

                                            ページトップへ戻る