小さくて可愛い黄色の花が咲くカシノキラン Gastrochilus japonicus


宮崎県産カシノキラン  【オーキッド洋庵】



宮崎県産カシノキランです。6月から8月にかけて、直径約1cmの薄黄色の花が5〜6輪咲きます。



カシノキラン Gastrochilus japonicus


 

   カシノキラン・・・漢字で書くと「樫の木蘭」
  樫の木に着生し、その葉が樫の木の葉に似ていることから名前が付きました。
  その多くは山地の樫の木など、常緑樹の幹に着生しています。
  一昔前まではハイキング中でもよく目にすることができたということですが
  山林伐採や乱獲により、自然界からその姿を 消しつつあるランです。
  開花期は地域によって異なりますが、6〜8月に咲きます。
  山野草愛好家にも人気のランです。
  下垂した株の葉の裏側に、1花茎に5〜6輪、直径約1cmの薄黄色の花が咲きます。




                 注:  新たなる採捕に繋がるようなご依頼お問い合わせは一切お断りいたします。
                     また、お問い合わせ等につきましては、氏名、住所、電話番号等を明記の
                     うえ、先ずはメールでお願いします。
                     ハンドルネーム、ニックネーム等でのお問い合わせには一切応じられませんので
                     あらかじめご了承ください。


               特に初心者の皆さんは必見です!オーキッド洋庵監修「着生ラン栽培虎の巻」発売!!
               CD版:PDF監修、全213ページのサンプルはこちらから・・・




宮崎県産カシノキランのコルク付けです。4株付いています。それぞれの株に1本づつ花茎が付いています。間もなく開花です。
カシノキランの花です。直径1cmにも満たない小さな花ですが、黄色が鮮やかで可愛い花です。





          
         

        宮崎県産カシノキラン 1 
            コルク付け

 

        
               4株
  
             在庫なし
copyright(C)2012 orchid Youan Kunihiro shimmura. All Rights Reserved.
何人たりとも、当サイトに掲載されたイメージ(写真等)記事その他について、無断転載等を禁止します。

                                            ページトップへ戻る