オーキッド洋庵のラン栽培Q&Aコーナー/バンダ

写真 サツマチドリ写真 カトレヤ アンセプス写真 バルボフィラム パープラセンス写真 カトレヤ ルデマニアナ セルレア写真 胡蝶蘭アマビリス

バンダ Q&Aコーナー(Vanda)

  トップページ > Q&Aコーナーはこちらから > バンダに関するQ&A

      目  次
1 胡蝶蘭に関するQ&A
2 カトレヤに関するQ&A
3 バンダに関するQ&A
4 デンドロビウムに関する
  Q&A
5 シンビジウムに関する
  Q&A
6 バルボフィラムに関する
  Q&A



置き場所に関するQ&A(遮光・通風を含む)
  質問 1 バンダを屋外栽培するときの注意点を教えてください。
  回答
  夜温(最低気温)が18℃を越えるようになったら屋外栽培に切り替えましょう。
  品種によっては15℃でも構わないものがあるので栽培株の最低温度は調べておきましょう。
  屋外では品種により異なりますが、原則として遮光率30〜50%の遮光ネットで直射日光を防いでください。
   
  吊り下げて栽培管理することがほとんどですので、ぶら下がった根に雨水の跳ね返りが当らない高さを保ってください。
  天頂部に水が溜まりやすい株には、梅雨の雨は当てない方がいいでしょう。
  成長期の柔らかい新葉(天葉)が腐りやすくなります。

  オーキッド洋庵では、梅雨の雨にもずっと当てていましたが、雨が当たらないテラスの屋根下から、
  大型工業用扇風機で24時間風を送っていましたので特に問題なく栽培管理できました。
   
  屋外栽培中に通風管理がしづらい環境では、このように扇風機で風を送るといいでしょう。
   
  通風管理をしっかり行える環境であれば午前中の直射日光には当てても構いません。
  株の成長にはプラスになります。

  質問 2 バンダを木陰で栽培してもいいですか?
  回答
  質問1の回答にも書きましたが、原則として30〜50%の遮光が必要です。
  その木陰の遮光率がそれくらいであれば問題ありません。

  質問 3 冬季、屋内栽培するときの置き場所はどこが一番いいのでしょうか?
  回答
  温室による屋内栽培ではなく、通常の家庭における屋内栽培として回答します。

  明け方5〜6時頃の温度が、品種別による最低温度以上を維持できる部屋に置くことが第1条件です。
  部屋の中ではできるだけ南向きの明るい窓辺に吊り下げておきます。
  窓ガラスからは、最低でも30cm以上は離しておいてください。
   
  午前中の光しか入らない窓辺であればカーテンは必要ありませんが、一日中直射光が入る窓辺であれば
  レースのカーテン1枚をかけておきましょう。

  エアコンの暖風が直接株に当らないようにしてください。
  また、エアコンを使用すると部屋の空気が乾燥しますので、加湿器や濡れタオルを株近くにぶら下げたり
  洗面器などの器に水を張ったりして乾燥を防いでください。

                              目次トップに戻る

水やりに関するQ&A
  質問 1 バンダへの水やりはどれくらいの間隔であげたらいいでしょうか?
  回答
  バンダの根を剥き出しの状態で栽培しているものとして回答します。

  春からの成長期にはできる限り多く水を与えます。
  基本、朝夕の2回以上とし、気温が高く乾燥しやすい夏場は朝昼夕の3回以上水をかけてください。

  冬季の屋内栽培では、温かい時間になった午前中に1回、暖房を利かせている部屋に置いている場合は
  乾燥しがちですので、午後の早い時間にもう1回かけてあげるといいでしょう。
  「以上」としたのは、「2回、3回」は、最低回数であって、それだけでいいというものではないということです。

  空気中に露出した根は、水を吸うとすぐに緑色になりますが、時間の経過とともに、白くなっていきます。
  バンダの近くを通ったときなど、根が白くなっていることに気付いたら水をかけてあげましょう。
  夏場は頻繁になることと思います。

  バンダは水不足になると衰弱し、下葉から傷んでいきます。
  バンダの近くに霧吹き器などを置き、いつでも水かけできるようにしておくといいでしょう。

  質問 2 バンダに水道水を直接かけてもいいでしょうか?
  回答
  これは他のランにも言えることですが、水道水を直接かけてはいけないということはありません。
  ただ、水道水には殺菌剤として塩素成分(カルキ)が混入しています。
  長期間水道水をかけることで、この塩素成分が葉の表面に残留し、白くザラザラとした形で目につき見苦しくなります。

  また、地域によっては冬季の水道水はとても冷たいものとなり、株に直接かけることで
  ダメージを与えることに繋がり兼ねません。

  水道水は一旦バケツなどに溜め、栽培環境の温度に合わせたり、汲み置きし、カルキ成分を抜いて使うことをお勧めします。
  水は、ジョウロでかけたり、株数が多い場合はバケツなどに溜めた水を、風呂水汲み上げポンプに
  ホースと散水ノズルをつないでかけてあげましょう。

  質問 3 水をかけても根の色が緑色になりません。
  回答
  着生蘭の根は、水を吸い上げて株に供給する芯の部位と、それを取り巻き水を蓄えるべラーメン層
  さらにその外側に、べラーメン層を保護する革質の表皮でできています。
  この革質部分が厚くて硬いとなかなか水が浸透していかないためすぐには緑色にはならない根もあります。
  数分おきに根気よく何回も水かけしてあげてください。

                              目次トップに戻る

株や根の状態に関するQ&A
  質問 1 バンダを吊るして栽培すると、剥き出しの根が床に近くなっていきます。何か対処方法はありますか?
  回答
  これはやむを得ないことです。
  根を鉢に入れずに剥き出し状態で栽培するわけですから根は下に下がるしかないのです。

  オーキッド洋庵のバンダ、ロバート デライトも栽培を始めて10年少々で天頂部から根の先までが2メートルを超えています。
  仕方なく、根をS字型に束ねて根の先端を床から離すようにしています。
  いろいろと検討・工夫してみてください。

  質問 2  他の着生ランは水をかけたら根が緑色になりますが、バンダは白いままです。
          水を吸っていないのでしょうか?
  回答
  水やりに関するQ&Aの問い3で回答しています。

                              目次トップに戻る

植え付け・植え替えに関するQ&A
  質問 1 バンダにはバスケット植えが最適と聞きましたが何故でしょうか?
  回答
  バンダの根は非常に空気を好むため、素焼鉢水苔植えには適さないからです。
  バスケットに固定して吊るして栽培するか、バスケットを使わず根をそのまま露出した状態で吊るして栽培管理します。

  小さい鉢だとランが可哀想だからと、大きな鉢に植え替える人を良く見かけますが、これだと根の本数や大きさにより
  水苔に対して合わずに、水苔がなかなか乾かなくなり根腐れを起こす原因になるうえ、根が鉢の中に張るまで
  時間がかかり過ぎることになり、花が咲くまで長い時間を要します。

  質問 2 バンダをバークチップで植え付けても大丈夫でしょうか?
  回答
  バンダは鉢などには植え付けず、根を空気中に露出して栽培する方が管理が楽ですし状態が安定します。
  しかし、栽培する人の好みや展示会などに出展したいということで鉢植えにする人もいます。

  ご質問のバークチップによる植え付けは、水苔による植え付けより遥かに状態をよく保てます。
  ただ、根が空気を好むことから、時間の経過とともに根が鉢からはみ出して、暴れ根こなることは覚悟しておきましょう。

                              目次トップに戻る

温度・湿度に関するQ&A
  質問 1 バンダの栽培に必要な温度はどれくらいですか?
  回答
  大型のバンダは高温を好みます。
  最低温度は15℃以上、できるだけ18℃以上は保ってください。
  ミニバンダ系の最低温度は10℃が目安ですが、できるだけ15℃くらいを維持しましょう。

  夏場の高温期には、35℃を越えないようにしてください。
  年間を通して、20〜25℃位で生育させるといい成長をしてくれます。

  バンダは熱帯域を中心にオーストラリアから沖縄にまで広く分布しています。
  熱帯域と沖縄とでは温度差があり過ぎます。
  栽培されているバンダがどのあたりで自生するものなのかをしっかり調べることで
  最低最高気温を割り出すことができます。

  交配種でも親元をたどれば自生地がわかりますので調べてみましょう。

  質問 2 バンダに必要な湿度は何%位ですか?
  回答
  バンダに必要な空中湿度は80%前後です。
  これはバンダに限らず、空中に根を露出するほとんどの着生ラン全般に共通します。

  高温乾燥期の夏季や、加温栽培中の温室内については乾燥がとても激しいので、
  加湿器や水を張ったバケツその他の入れ物などを活用して、バンダの根の周囲を乾燥させないようにしましょう。

                              目次トップに戻る

肥料に関するQ&A
  質問 1 根を空中に張り出しているバンダに肥料を与えるいい方法があったら教えてください。
  回答
  基本的には春からの生育期に、1,000〜1,500倍前後に希釈した液体肥料を1週間から10日に1回与えます。
  株全体にかけるようにしてください。

  冬季の加温栽培中も月に2〜3回程度同様の肥料を与えます。

  固形肥料は、発行油粕や緩効性の化成肥料などを生育期に与えます。
  バンダは根を空中に張り出しているので固形肥料は与えづらいのですが、ストッキングやお茶袋
  あるいは市販の小さな肥料用籠に入れて根の上方に吊るしておきましょう。

  この場合、毎回の灌水で同じところだけに肥料養分がいかないよう吊るす場所を時々変えてあげると
  根が傷まなくて済みます。

  質問 2 バンダにはあまり肥料は必要ないと聞きましたが本当でしょうか?
  回答
  いいえ、バンダには肥料がとても必要です。
  バンダの下葉が黄色く変色して落ちてしまうのは、温度不足や湿度不足からくる乾燥、そして肥料不足があります。
  生育期にはしっかりと肥料を与えてください。

  質問 3 冬季の加温栽培の場合は肥料を与えると教えられましたが、無加温栽培の場合は与えなくていいのでしょうか?
  回答
  バンダは20℃以上で栽培を続けると一年中成長します。
  だから、加温栽培する場合は年間を通して施肥を続けます。

  無加温栽培となると、この成長が停滞気味になりますので肥料は必要ありません。
  成長の停滞時期に施肥すると逆効果を招き、株を弱らせる危険があります。

  どちらかというと、花芽分化を促すためにリン酸成分を多く与えましょう。
  月に1回程度で構いません。

                              目次トップに戻る

病気害虫に関するQ&A(薬剤を含む)
  質問 1 バンダの葉が下の方から黄ばんで枯れ落ちてしまいます。何の病気でしょうか?
  回答
  それは水不足、湿度不足、肥料不足が原因だと思います。
  バンダは高温多湿と水を好みます。空中に露出した根は空気中から水分を摂りますが
  その時、空気中の水分が少ないと、いわゆる乾燥していると十分な水を摂ることができないため
  株本体に水を供給できなくなり、やがて水不足の結果として下葉から枯れていくのです。

  バンダに対しては1日何回灌水と、回数を決めるのではなく朝夕を原則として
  バンダの近くを通るときや、晴れて乾燥していると思ったら何回でも足を運び
  根が白っぽくなっていたら水をかけてあげましょう。

  肥料も大事ですので、成長期にはしっかり与えてください。(肥料については前項目に記載してあります。)

  質問 2 バンダへの薬剤散布は何が効果的ですか?
  回答
  バンダにはこれ、という特別な薬剤はありませんので、一般的に使われているもので構いません。
  殺菌殺虫ともに定期的に希釈倍数をしっかり守って散布してあげましょう。

  薬剤は殺菌殺虫とも2〜3種類そろえておいて、ローテーションを組んで交替で使ってください。
  特に殺菌剤は同じものを長いこと使っていると、耐性菌を作ってしまい効果がなくなることがあります。
  また、殺菌剤には予防に効果的なものと治療に効果的なものがありますので
  カタログやインターネットで調べて使い分けされた方が良いでしょう。


copyright(C)2012 orchid Youan Kunihiro shimmura. All Rights Reserved.
何人たりとも、当サイトに掲載されたイメージ(写真等)記事その他について、無断転載等を禁止します。

                                                  ページトップに戻る