スルガラン(駿河蘭:健蘭)/国内では九州西部に自生するといわれるシンビジウムの仲間です

スルガラン(駿河蘭:健蘭)  【オーキッド洋庵】

  トップページ > 国内地域別カテゴリ その他の地域 > スルガラン   または   トップページ > スルガラン

スルガラン:駿河蘭(健蘭) Cym.ensifolium


 

               学 名  スルガラン:駿河蘭(Cym.ensifolium

               生息地  中国〜フィリッピン〜ベトナム〜インド(広域東南アジア)
                     駿河という文字から、東海地方をイメージしますが
                     国内では、主に九州西部に自生しています。
                     昔、中国南部から伝わったともいわれ、「健蘭」と呼ぶ愛好家も多いです。

               生 態  熱帯から温帯まで広い範囲に生息するランです。
                     春蘭などと同じ地生ランです。
                     国内では九州西部に自生していると言われますが
                     以前、四国でも見つかったという報告もされているようです。

               形 態  春蘭や寒蘭などと同じシンビジウムの小型ランです。
                     葉の形状は扁平で滑らか、幅は1cm前後、長さは短いもので30cm、長いもので90cm。
                     花は一茎多花で、黄色に近い黄緑色、唇弁には赤紫色の斑点があります。
                     甘い芳香あり。

               特に初心者の皆さんは必見です!オーキッド洋庵監修「着生ラン栽培虎の巻」!!
               CD版:PDF監修、全213ページのサンプルはこちらから・・・



高さ17.5cmのプラスチック製蘭鉢に植えられたスルガランです。国内では、九州西部に自生するシンビジウム属の小型のランです。
20150822 撮影
スルガランの花です。直径3〜4cmの黄色に近い黄緑色の花で、唇弁に赤紫色の斑点が入ります。
20150822 撮影

     スルガラン(駿河蘭) 1

     スルガランはシンビジウム属の
     ランです。(Cym.ensifolium
     花は直径3〜4cmで
     芳香があります。
     葉に斑が入るものもあるが
     定着しません。

     外周径14cm、高さ17.5cm
     のプラスチック製蘭鉢に
     ボラ土で植えてあります。
     開花期は夏です。



         在庫なし

高さ17.5cmのプラスチック製蘭鉢に植えられたスルガランです。国内では、九州西部に自生するシンビジウム属の小型のランです。
20150913 撮影
スルガランの花です。直径3〜4cmの黄色に近い黄緑色の花で、唇弁に赤紫色の斑点が入ります。
20150822 撮影

     スルガラン(駿河蘭) 2

     スルガランはシンビジウム属の
     ランです。(Cym.ensifolium
     花は直径3〜4cmで
     芳香があります。
     葉に斑が入るものもあるが
     定着しません。

     外周径14cm、高さ17.5cm
     のプラスチック製蘭鉢に
     ボラ土で植えてあります。
     開花期は夏です。



         在庫なし

copyright(C)2012 orchid Youan Kunihiro shimmura. All Rights Reserved.
何人たりとも、当サイトに掲載されたイメージ(写真等)記事その他について、無断転載等を禁止します。

                                            ページトップへ戻る