オドントグロッサム インスレイー/黄色の花弁に茶色の斑点が入る綺麗な星型の花が咲くランです

オドントグロッサム インスレイー(異名:ロッシオグロッサム インスレイー)【オーキッド洋庵】
Odontoglossum insleayi(Rossioglossum insleayi)

  トップページ > 洋らん属別カテゴリ トップページ(目次) > オドントグロッサム インスレイー または  トップページ >  オドントグロッサム インスレイー
 
20160116撮影

オドントグロッサム インスレイー(異名:ロッシオグロッサム インスレイー) 
Odontoglossum insleayi(Rossioglossum insleayi)

   属  名   オドントグロッサム Odontoglossum (記号:Odm.) 異名 Rossioglossum ロッシオグロッサム 

   品種名  インスレイー insleayi 

   生息地  中米メキシコ南西部の中高地から標高2,500m付近に生息

   形  態  卵形の扁平したバルブになる。長さは8cm前後に成長し、バルブ頂から2枚の少し厚みのある葉が伸びる。
          花茎はバルブの根元から30〜50cm伸び直立する。花は5〜10輪程度着花する。  
    
   開花期  日本では冬

   管  理  バルブが完成したら乾かし気味に栽培。風を好む。  

   置き場所 風通しのいい明るい木陰  

   灌  水  成長期には植え込み材が乾いたら灌水するが、バルブが完成し成長が止まったら乾かし気味に管理する。

   最低温度 中高地から2,500mに生息するので、低温には強いが10℃以下にはしない方がいい。

   遮  光  春から梅雨明けまでと秋口は30%程度、夏は50%程度の遮光で十分。数が少なければ明るい木陰に一年中吊るして栽培可能。

   施  肥  成長期の初めに固形肥料は1回、液体肥料は10日〜2週間に1回程度既定の希釈倍数で与える。真夏日は施肥をしない。

   植え付け・植え替え 
          バルブが増え鉢の縁にまで迫ったら、春になり新芽(バルブ)が1〜2cmになった頃植え替える。
          植え込みは素焼鉢に水苔が適している。



20160116撮影

20160116撮影



  平成28年1月16日に撮影しました。
  花の大きさ 横幅約5cmです。
  バルブが充実すると7cmくらいの
  大きさになります。
  この株の葉の最大長さ 約30.0cm
  バルブの高さは7〜8cmです。

  昨年、遺品として譲り受けた株ですが
  名札には「19961023ブラジル ぺロオリゾンテ」
  と書かれていることから、この時
  愛好家の方がブラジルで入手し
  やがて巡り巡ってオーキッド洋庵に
  辿りついたものと思います。
  
  いつの日か、バルブが充実し大株に
  なったら、株分けしお譲りしたいと思います。

copyright(C)2012 orchid Youan Kunihiro shimmura. All Rights Reserved.
何人たりとも、当サイトに掲載されたイメージ(写真等)記事その他について、無断転載等を禁止します。

                                                  ページトップに戻る