バルボフィラム属(Bulbophyllum)属をご紹介しています。/オーキッド洋庵

写真 バルボフィラム パープラセンスです。菊の花に似た感じで開花します。写真 バルボフィラム ラシオキラムです。縦長の花で白地に淡い褐色の斑点が入ります。写真 バルボフィラム ロンギカスパムです。淡い黄色の星形の花です。写真 バルボフィラム アンブロシアです。爪の大きさほどの可愛い花です。写真 バルボフィラム マクラエイ(和名:シコウラン)です。細長い花が風に揺れる姿は優雅です。

バルボフィラム属 Bulbophyllum

トップページ
品種別ラン栽培方法
Q&Aコーナー
お問い合わせ(PC)
お問い合わせ(iPhone)

Bulbophyllum バルボフィラム属

     Bulbophyllum属は熱帯アジアを中心に世界中の暖かい地域に分布し、その数は1,000〜1,200種といわれ、
     ランの世界では最大の属として君臨しています。
     またシルホペタラム(Cirrhopetalum)属とメガクリニウム(Megaclinium)属は近縁属として独立していましたが、
     現在ではバルボフィラム属の異名として取り扱われています。

     草姿は、バルブと茎頂部から展開する革質長楕円形の葉で構成された株が多く、バルブは棒状楕円形、扁平楕円形
     球形など様々な形と大きさがあります。

     花は大きさが数ミリのものから数十センチのものまであり、その姿はとてもユニークです。
     花色は、カトレヤのような艶やかさや華やかさはなく、地味なものが多いのですが、その色合いが花姿とマッチングして見る人を飽きさせません。

     株本体は小さいタイプが多いので、それらは2〜3号鉢くらいの大きさで栽培できます。

     バルボフィラムは湿気を好むので、春から夏の成長期においては、胡蝶蘭やカトレヤ、デンドロビウムのように、
     植込み材が乾いてから水をあげるのではなく、植込み材が乾かないうちに次の水をあげます。
     
     素焼き鉢は通気性が良いため植込み材の乾きが早いので、素焼き鉢よりもプラ鉢栽培の方が管理しやすいと思います。
     また、低温に強い品種が多いため必ずしも温室を必要としないので、戸建て住宅でもマンションのお部屋でも栽培できるものがたくさんあります。

     展示会へ行く度に1つ2つと集めていくと、やがて様々な形や色、そして素晴らしい香りを楽しむことができると思います。
     ただ、中には鼻をそむけたくなるような臭いがする品種もあるので、購入前にしっかりリサーチしておきましょう。

     

    ■ 栽培ポイント

     @ 自生地では森林内の樹木の低いところや岩など、直射日光が当たらない薄暗い場所に生息しているものが多いので、
        置き場所は次の事を考慮してあげたらいいでしょう。
        ・ 成長期にあたる春から初秋は屋外で管理したほうがいいのですが、遮光を70%くらいにセットしてあげます。
        ・ 冬季においても直射日光は良くないので、30%程度の遮光(レースのカーテン1枚くらい)をします。

     A バルボフィラムは湿気を好むので、空中湿度の高い環境が適しています。

     B 春から初秋までの成長期は、植込み材が乾かない内に水を与えます。

     Bulbophyllum属は熱帯アジアを中心に、世界中の暖かい地域に分布しているという概念から、胡蝶蘭やカトレヤなどのように
     冬は温室等へ入れて、最低温度を高めないといけないのではないかと思ってしまいますが、熱帯アジアでも標高が高いところに自生している
     バルボフィラムについては、冬季5℃くらいで越冬するものもあります。

     また1年の内、冬の乾季と春夏の雨期がある地域に自生するバルボフィラムについては、デンドロビウムのように低温処理と
     水切りをしたほうがいい品種もありますので、これは全ての原種ランに共通することですが、まず自生地の環境を良く調べて、
     それに適した管理方法で栽培してあげましょう。

品 種 名
写  真
概            要
ページ
 ambrosia "Schltr"
 
 アンブロシア
バルボフィラム アンブロシアの花です。小さな白い三角形の花に暗紫色のラインが数本入ります。

 開花期 : 冬〜春。
 花の色 : 白色で三角形の花弁に 暗紫色のラインが数本入る
 花の大きさ : 直径約1.5〜2cm程度
 バルブ : 直径約1cm、長さ5〜6cm。バルブ頂部に長楕円形の厚葉が1葉。
 最低温度 : 5℃ くらい
 直径11cm×高さ10cmと1辺8cm×8cm×高さ7,5cmのプラスチック鉢、水苔植え。
 各鉢、20バルブ以上あり。     
                                                  ページトップに戻る

  詳細はこちら
 falcatum'J.G'

 ファルカツム  
  ’ジャングル ジェム’
小型のコブラオーキッド、ファルカツムです。赤茶色の小さな花が咲きます。

 開花期 : 春〜初夏
 花の色 : 赤茶色
 花の大きさ : 平らな花茎の両面に1列に並んだ花の径は、約4〜5mm程度
 バルブ : 直径約1cm、長さ5〜6cm。バルブ頂部に長楕円形の厚葉が1葉。
 最低温度 : 5℃ くらい
 コブラオーキッドと呼ばれ親しまれています。
 3号素焼鉢 水苔植え。栽培容易です。
                                                 ページトップに戻る

  詳細はこちら
 frostii

 フロスティ
写真 バルボフィラム フロスティです。 
 lasiochilum

 ラシオキラム
写真 バルボフィラム ラシオキラムです。北の海に生息するクリオネを想像させる姿です。

 lilacunum

 リラシナム
写真 バルボフィラム リラシナムの株姿です。
   
 longicaspum

 ロンギカスパム
写真 バルボフィラム ロンギカスパムの株姿です。
   
 longissimum

 ロンギシッマム
写真 バルボフィラム ロンギシッマムの株姿です。
   
 macraei

 マクラエイ
 (シコウラン)
バルボフィラム属マクラエイです。日本ではシコウランとして有名です。

 国内でのシコウランは、マメヅタラン科として分類されますが、
 れっきとしたバルボフィラム属です。
 20数年前の沖縄では、あちらこちらの裏山に生息しあまり見向きもされていませんでしたが
 今では乱獲盗掘され、その姿を見ることが困難なランです。
 その花は華奢で、そよ風に揺れる姿はまるで貴婦人のようです。
 2号素焼鉢水苔植えです。
                                                 ページトップに戻る

  詳細はこちら
 maximum

 マキシマム  
バルボフィラム マキシマムです。コブラオーキッドとも呼ばれます。

 開花期 : 春
 花の色 : 赤茶色
 花の大きさ : 平らな花茎の両面に1列に並んだ花の径は、約5〜6mm程度
 バルブ : 直径約2cm、長さ4〜5cm。バルブ頂部に長楕円形の厚葉が2葉。
 最低温度 : 10〜15℃ くらい
 コブラオーキッドと呼ばれ親しまれています。
 2〜3号素焼鉢 水苔植え。、栽培容易です。
                                                 ページトップに戻る

  詳細はこちら
 moniliforme

 モニリフォルメ  
バルボフィラム モニリフォルメです。直径2mm前後の水玉のようなバルブが密集した珍しいバルボフィラムです。
   
 purpureorhachis

 プルプレオラキス
 (コブラ オーキッド)
プルプレオラキスです。花の姿から、コブラオーキッドと呼ばれ親しまれています。

 プルプレオラキスはアフリカ産天然物の株分け品です。(実生ではありません)
 開花期 : 冬〜春。
 花の色 : 茶色。バルブ基部から捻りながら伸びた茶色の靴ベラのような花茎の中に
         直径約1cm程度の 茶色の花が縦一列に咲きます。
 バルブ : 扁平型で当店のものを紹介すると横幅約5cm、高さ7cm前後、バルブ頂部に
        幅広の厚葉が2葉展開する。バルブは栽培管理状況で大きくもなり小さくもなる。
 最低温度 : 10℃ くらい
 3.5号素焼鉢 水苔植え。成長しバルブが増えたら浅鉢植えに変更した方が栽培管理容易です。
 花の姿から、別名「コブラ オーキッド」 と呼ばれ親しまれています。
 (現在株分け品はありません。平成30年2月5日)        
                                                 ページトップに戻る

  詳細はこちら
copyright(C)2012 orchid Youan Kunihiro shimmura. All Rights Reserved.
何人たりとも、当サイトに掲載されたイメージ(写真等)記事その他について、無断転載等を禁止します。