マキシラリア属テヌイフォリア/栽培容易でバニラやココナッツのような香りの花が咲きます

マキシラリア テヌイフォリア見出し用花写真001マキシラリア テヌイフォリア見出し用花写真002マキシラリア テヌイフォリア見出し用花写真003マキシラリア テヌイフォリア見出し用花写真004

マキシラリア テヌイフォリア (Maxillaria tenuifolia)【オーキッド洋庵】

  トップページ > 販売品一覧コーナーはこちらから > マキシラリア テヌイフォリア  
 マキシラリア テヌイフォリアの花写真です。暗赤色の上下セパルが目いっぱい開き、白いリップに暗赤色の斑点が入ります。 写真 マキシラリア テヌイフォリアの株姿です。バルブが積み重なるようにななめ上に伸びていきます。


マキシラリア属 テヌイフォリア Maxillaria tenuifolia


  属  名  マキシラリア属 Maxillaria(Max.)

  品種名  テヌイフォリア tenuifolia 

  生息地  メキシコからコスタリカまで広く分布

  形  態  ・高温、光を好むランです。
         ・楕円偽球形のバルブに長い革質の葉が1枚つきます。
         ・匍匐茎を斜め上に伸ばし、バルブが積み重なっていくように成長します。
         花は直径3〜4cm程度、先が尖った花色は暗赤色ですが、実はテヌイフォリアの花色は黄色がベースで
         暗赤色の斑点で覆い尽くされて、黄色地がほとんど見えなくなっているのです。
         ・バニラやココナッツのような、あるいはこれらがミックスされたような甘くて優しい香りがあります。

  栽  培 ・栽培しやすい品種です。
        ・年間を通して水を好みますので、水を切らさないようにしてください。
         1年中多めに与え、通常は1日1回でいいのですが、夏場は鉢内の乾きが早いので
         早朝と日没後に与えた方が良いでしょう 。
        ・肥料は、春になったらゆっくり長く効き目が続く
         緩効性肥料(マグアンプ等化成肥料)を与えてください。
         肥料はこれだけ、1回限りで十分です。
        ・最低温度は10℃以上をキープしたいところです。1桁の温度でも越冬は可能ですが
          それでも5〜6℃が下限界で、冬季は屋内の明るい窓辺で栽培した方が無難です。
 
  開花期 ・地域により、またその年の気温の変化により異なりますが、主として夏〜秋咲きです。

                       注:  新たなる採捕に繋がるようなご依頼お問い合わせは一切お断りいたします。
                           また、お問い合わせ等につきましては、氏名、住所、電話番号等を明記の
                           うえ、先ずはメールでお願いします。
                           ハンドルネーム、ニックネーム等でのお問い合わせには一切応じられませんので
                           あらかじめご了承ください。


                    特に初心者の皆さんは必見です!オーキッド洋庵監修「着生ラン栽培虎の巻」発売!!
                    CD版:PDF監修、全213ページのサンプルはこちらから・・・



テヌイフォリア 一覧  ※ ご覧になりたいテヌイフォリアの写真をクリックしてください。   20170606現在データ






準備中






準備中






準備中






準備中






準備中






準備中






準備中






準備中






準備中






準備中
   
ページトップに戻る
copyright(C)2012 orchid Youan Kunihiro shimmura. All Rights Reserved.
何人たりとも、当サイトに掲載されたイメージ(写真等)記事その他について、無断転載等を禁止します。