中輪系胡蝶蘭のリップが赤い黄花です。大輪系胡蝶蘭のリップが赤く中央部が白いピンク花です。大輪系胡蝶蘭の白花です。中輪系胡蝶蘭の黄花です。

胡蝶蘭栽培管理 プレゼントで頂いた胡蝶蘭の管理方法方法 

  トップページ > 蘭栽培虎の巻 > プレゼントで頂いた胡蝶蘭の管理  
 

プレゼントで頂いた胡蝶蘭の管理方法


先ずは栽培ポイントをしっかり読んで、栽培方法、育て方をイメージしてください。



  栽培ポイント

   ・ 頂いた胡蝶蘭のラッピングは、早めに外す。

   ・ 管理は、直射日光が当たらない明るく風通しのいい場所で。

   ・ 灌水は7〜10日に1回、1ポット(1株)にビールグラス1杯分くらいの量

   ・ 来年も咲かせたいのであれば、花は早めにカットして、花瓶で楽しむ。

 1 頂いた胡蝶蘭のラッピングは早めに外しましょう


      お誕生日のお祝いや、新築・お店の開店祝いなどで頂いた3本立ちや5本立ちの胡蝶蘭は
     1株1株の寄せ植えで作られています。

       ほとんどの業者が、栽培用ビニールポットのまま、あるいはビニールポットから株を抜いて
     発泡スチロールを固定材として利用し、化粧鉢の中に体裁よく並べています。
      下の写真は、化粧鉢の水苔を取り除いたものです。この寄せ株は、ポリポットのまま入れられていました。


                    




      さらに、プレゼントとして頂いた時は、そのほとんどがラッピングされてますから、
     ますます内部の状況を見ることが出来ず、しかも、ラッピングのおかげで鉢の中への風通しが悪くなり、
     根が傷みやすくなります。

       プレゼントで頂いた胡蝶蘭を来年も咲かせたいと思うのであれば、数日経ったらラッピングを外して、
     風通しを良くし、明るい部屋で楽しんでください。

       この時注意することは、たとえ窓越しであっても、直射日光は厳禁です。


 2 水遣り


       基本的に、開花中は水を与えません。なぜなら、開花中株は休眠状態にあるからです。
     ただ、温度が高くて風通しがよく、乾燥気味の環境であれば時々少量の水を与えても構いません。

       目安としては、7〜10日に一度、ビールグラス1杯分くらいの水を、各ポットの株に与えてください。
       この時、水をあげる前に一度各鉢の水苔を指で触ってみて、湿り気があるようなら灌水はしな いでください。
     確実に根腐れを起こす事でしょう。

                    



 3 花のカット
                                 

       花の一番後ろがしおれ始めたら、花茎の根元5〜6cmを残して切りましょう。
     写真の株のように、花がまばらに付いている状態まで置いておくと、株が弱ります。
       来年も咲かせたいのであれば、早めに花を切って、あとは花瓶に差して楽しんでください。

       花茎を数節残して切ると再び花茎が伸び始め、もう一度花が咲くことがありますが、株が
     かなり弱りますので、あまりお薦めいたしません。


                         




       花を楽しんだ後の、胡蝶蘭の植え替え方法は「プレゼントで頂いた胡蝶蘭の植え替え方法」をご覧ください。

                               ページトップに戻る
 

copyright(C)2012 orchid Youan Kunihiro shimmura. All Rights Reserved.
何人たりとも、当サイトに掲載されたイメージ(写真等)記事その他について、無断転載等を禁止します。